2020.05.28

学生・教職員全員がオンライン授業に取り組んでいます!

専門学校東京国際ビジネスカレッジでは、4月より危機管理対策として、zoomによるオンラインオリエンテーション・オンラインホームルーム及びオンライン授業をスタートしています。


4月に入りzoomでスタートしたオンラインオリエンテーションでは、新入生に対しては当校のことを理解して2年間の目標を設定する内容で行い、新2年生に対しては、今年は新しい進路を決定する年となるので進路決定に向けての意識づけを行う内容となりました。
4月中旬からはzoomによるオンライン授業をスタートし、現在も引き続き科目履修に取り組んでおります。オンライン授業は「双方向型+オンデマンド型=ハイブリッド型」の構成で実施されており、学生もオンライン授業のためのシステムを覚えながら、一生懸命取り組んでいます。
各クラスでは、担任が授業のスタート時と終了時に出席確認を点呼で行い、限られた環境の中で担任と学生のコミュニケーションを向上させています。

オンライン授業の経験は、まさに今2年生が取り組んでいる就職活動でも大変役に立っています。「カメラを通じて話すタイミングや相手から見たときの姿勢などもオンライン授業を経験したからこそ、オンライン面接で活かすことができました」と2年生も成果を強調していました。


まだコロナ禍が完全に収束していない現状で、専門学校東京国際ビジネスカレッジは危機管理対策を徹底しながら学生への教育充実を常に考え、2020年度を全うしていく所存です。
今の状況が一日でも早く収束することを心より願っております。